スイスライフ

うずらの卵とビーツの関係

Grüezi! グリュエッチ!これはスイスドイツ語のこんにちは!です。リュを巻き舌で言ってみるとなお良いですよ。

ビーツジュースのことを以前書きましたが、またビーツがらみのことを綴ってみたいと思います。

地域の農家や小さな生産者の作物や商品を予めネットで注文して、木曜の夕方ピックアップするというシステムの、いわゆるオンライン市場(いちば)があります。

地産地消の精神良いなと、存在は知っていましたが、今週やっと利用してみるに至りました。

ヘアビショフは、クマニンニク味のソーセージや乾燥肉を注文していました。

クマニンニクBärlauchは、春先に出回る植物です。

書くとなると、ちょっといい加減ではいけないと思い、さくっとサーチしましたら、ラムソンというネギ科の多年草で、クマネギ、クマニンニク、クマニラなどとも呼ばれるそうです。

日本の方は、行者ニンニクに似ていると言っている方が多いようです。

ビショフ家では、バジリコソースのようにしてクマニンクニクスパゲッティ、カットしてパスタと炒めたり、生をサラダに散らしたり、サラダソースにしたりします。

スーパーマーケットでは、季節商品としてクマニンニクのハムやチーズやラビオリなどが売り出させています。

ニラと呼ばれるのであれば、餃子ラブのフラウビショフ、クマニラ餃子を作るしかないですね。

さて、オンライン市場で購入したものの話に戻って、フラウビショフはうずらの卵を注文しました。

一年に一度以下の頻度ですが、ピンクの卵ピクルスを作りたい気分だったからです。

マガジンハウスの雑誌『オリーブ』に載っていたレシピで中学生時代に作ったのが最初の作品。それは、ニワトリの卵でしたが、うずらの卵で作るとまたかわいらしいのです。

卵の白身をフーシャピンクに染めるためにビーツのパッケージや缶に残る液を使います。ビーツ液の量の加減でもちろんほんのりピンクも可能です。

そのときのレシピはもう失くしていて、作りたくなった時、クックパッドをさっと参考にしたりします。

今回は、非常に手を抜いて作りました。ビーツ液に白バルサミコ酢と塩にレモン汁、水を加えたものにゆでた卵を放り込んだだけ。漬け込む液は、ちょっと甘酸っぱい味になっていれば良しとしました。

本来は、クローブやローリエを入れて正しい酢や砂糖の対比で保存できるよう作るところですが、今回はもう夕飯のサラダに登場予定なので、いい加減中のいい加減。仕込んだガラス瓶を冷蔵庫で2時間も置いておけば出来上がり。

そのビーツが入っていた袋から液を集めている図が、フラウビショフの目には急に輸血バッグの様に見えてきたのです。手前にちょこっと映っていますが、中身のビーツもなんだか移植前の臓器のようではないかと、思わず写真を撮りたくなったのでした。

前回も書きましたが、ビーツはその豊富な栄養素ゆえ、食べる輸血なんて表現されているのも見たことがあり、そのイメージが目の前で偶然に再現されたので、記録したくなってしまったのでした。あくまでも比喩ですので、ご注意くださいまし。

ピンクに染まった卵は、グリーンのサラダに良く映えます。オードブルのお皿も華やかに、女の子のお弁当はキュートになります。半分にしてみるとピンクと黄色がまたかわいい。

ネット上だったか、お料理雑誌だったか、お節料理のお重箱に詰めてある絵も記憶にあります。

大きさの割に、ちょっと値がはるうずらの卵なので、ほんとにたまに作ります。その分気分が揚がります。

読んでいただいて、ありがとうございます。

ABOUT ME
frau Bischoff
スイス人と結婚してfrau Bischoffにはなったものの、ドイツ語習得の道は長そうだし、スイスのことも日本のことも何故こんなに知らないの?と思う日々。育犬も落ち着き、発信することで学んでいけたらというのは甘いかな?ヘアビショフと愛犬のマックスとTeam Bischoffです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です