スイスライフ

ビーツジュース

ビーツという野菜をご存知ですか。

砂糖大根、甜菜のお仲間です。甜菜糖は、オリゴ糖を含んでいると一時期この甜菜糖だけを甘味にしていたフラウビショフのマイブームがありました。オリゴ糖で腸内善玉菌 応援キャンペーンをしていたのです。

さて、食べる輸血、スーパーフードと呼ばれて久しいこの野菜、ビーツ。ミネラル・ビタミン・食物繊維などが豊富なことが、その所以。女性が仲良くしたい野菜です。

生でも自然な甘みがあり、シャキシャキとおいしいです。煮たものはサラダで、家でも外でも頻繁に登場します。スイスでは、スーパーマーケットで、煮たものが簡単に手に入ります。

この赤紫色が口紅の色になってもよいくらい、とても綺麗で、ゆで卵をピンクに染めたりするとサラダに映えますね。うずらの卵で作るとなおかわいらしいですよ。煮たもののパックに残ってる液で十分染まります。

やっと、本題に入りますが、このビーツのジュースが売っています。健康に良いかもしれないけど誰が飲んでいるのかな、くらいに思っていました。

ある時、ヘアビショフがパーティーのアトラクションに、血糊を作ることになりました。その血糊のレシピに、ビーツジュースが入っていました。

彼は念のため、2本買ってきて、血糊作成には1本で十分で、1本あまり、使われずにキッチンの隅にずっと立っていました。

賞味期限前に、このビーツジュースを消費するために、インターネットで情報収集。大袈裟です。

一番簡単そうなのが、オレンジジュースと3:1か4:1くらいでミックスして飲むと良いでした。

これが、美味しい綺麗!ビーツジュースだけだと、どうしても土臭さというか、何か独特の根菜の癖が感じられて飲みにくいのです。

そういえば、市販のビーツが入ったジュースやスムージーもほかの果物や野菜とミックスされていますよね。

友人から聞いたことですが、ビーツを摂取するさいに、一緒にビタミンCをとらないとビーツの身体によくない成分を吸収してしまうなんて言っていました。ので、サラダの時は、レモンジュースも振りかけています。

朝食の定番オレンジジュースに変化がほしいときに、オレンジビーツジュースお薦めですよ!

ブログにお立ち寄り頂きまして、感謝です。

【最初の写真は、チアシードプディングをナチュラルヨーグルトにかけて、はちみつで仕上げてみました。】

ABOUT ME
frau Bischoff
スイス人と結婚してfrau Bischoffにはなったものの、ドイツ語習得の道は長そうだし、スイスのことも日本のことも何故こんなに知らないの?と思う日々。育犬も落ち着き、発信することで学んでいけたらというのは甘いかな?ヘアビショフと愛犬のマックスとTeam Bischoffです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です