スイスライフ

もし裁判所で証言するとなったら

グリュエッツィ!スイスリーベのフラウビショフです。なんだかシリアスなタイトルです。

さて、即本題へ。スイスの日刊紙のある裁判の記事の見出しが気になりました。両親の児童虐待はあったのか、それともその子供に虚言癖があるのか、という問題が取り上げられていました。

しかし、その内容より、フラウビショフにビンっと刺さった下りがありました。

“ほぼ20年間スイスで生活し、国籍も取得しているにもかかわらず、トルコ生まれの母親は、法廷で通訳者を必要とした。”

なぜ、通訳者が必要と多くの人が持つ疑問かもしれません。20年も住んでいれば、ペラペラだろう。

しかしながら、滞在年数とスイスのパスポートを持っていることは、ドイツ語の能力に関係ないんです。(住む圏によって、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)

母語と違う言語の土地で生活する場合、その土地の言語を習得できるかは、個人の意思や能力や置かれた環境からの強い影響を受けます。

先ず、意志の問題ですが、自分の意志で母語と違う言語を持つ土地で生活を送るのであれば、その言語を学ぶことにポジティブに作用するでしょう。

例えば、母語で義務教育を受けた後、異なる言語を使用する土地で学問・技術・芸術をどうしても学びたいなどの強靭な意思や強い動機があれば、その土地の言語の習得に力が入るというもの。

さらに、習得したい分野に使用する母語の語彙に新たな言語の語彙を当てていくダイナミックな刺激が言語習得を助力するでしょう。

ところで、何かを始めるのに遅いことはないという前向きな考え方もあります。遅くても問題ないこともあるでしょう。しかしながら、なんでもスポンジのように吸収できてしまう頭が柔軟な時期があります。ある程度、若いことも能力の一つです。

ですから、その土地の義務教育のようなものを受けられる年齢に住み始めることができれば、その言語の習得に非常にメリットがあります。

限度を習得したい強い意思が特にない場合や、母語で固まってしまった後に、新しい言語がペラペラレベルになるのはかなりの時間や努力が必要です。

そして環境は、一番言語の習得に影響を与えると思います。

先ず、一番小さな単位家族が同郷人であれば、間違いなく母語で会話をするでしょう。

例えば、東欧出身の夫の仕事の都合で、スイスドイツ語圏に住み、母親は専業主婦となり、子育て担当します。夫はドイツ語ができたため このポジションを得た確率は高いし、職場でドイツ語でコミュニケーションする機会があります。母親と子供は、母語でコミュニケーションします。帰宅した夫とは、母語です。

日常生活では、幼稚園や学校でのお付き合い以外、母親はドイツ語を使う場面がほとんどありません。

学生時代ドイツ語を専攻してある程度のレベルに達していない限り、ドイツ語をあらたに学ばなければなりません。

しかし、オフィスで使えるようなドイツ語レベルに達するのは生易しいことではありません。書くドイツ語を使用する職を得るには、大学のドイツ語学科を履修したとか、それなりの集中的な長期の学習期間がないと難しいのではないでしょうか。

若くて、やる気と余裕があれば、スイスの職業コースの資格を取得して、ドイツ語環境の就職もありでしょう。

手っ取り早くオフィスワークをしたい場合、ある程度の若さとこれまでの良いキャリアがあれば、英語が社内語のインターナショナルな企業で働くことになるでしょう。

ドイツ語がさほどできなくても働けるのは、レストランの裏方や清掃の仕事です。

他の選択としては、同郷人と何か小さな事業をする、レストランや故郷に関連した日用品などのビジネス、ネイルサロン。

そうなると、事業を起こす際に申請などでドイツ語が必要になります。それこそ通訳者に入ってもらうのでしょう。でも、日常は故郷にどっぷりつかり、ドイツ語のコミュニケーションは少なくなりがちです。

また文化的に女性を外に出さないような傾向があると、女性は益々ドイツ語にふれる機会もなくなります。

一度楽な同郷同士で固まってしまい、そこで情報交換して不便なく暮らしていると、20年なんてあっという間に経ってしまうのでしょう。

職場や家庭の言語がドイツ語であって初めて、ドイツ語を話す機会を持てます。ドイツ語を伸ばせる特権のようにも感じられてきます。本人の学ぶ意思がまずありきですが。

フラウビショフは、ヘアビショフとのコミュニケーションを高地ドイツ語でするので、勉強を細々と続けています。また、ありがたいことに家族や友人とドイツ語を使う機会があります。

何年住んでも現地の言葉が身に付かない場合が起こること、なんとなく納得されましたか。

さて、フラウビショフに一番の刺さった理由は、もちろん裁判沙汰になるような悪いことなんてしたくありません。ですが、もし、フラウビショフがそんな状況になって、20年以上住んでいるも通訳者がついたと言われてしまうのか。

それまであと7,8年だ、と焦った気持ちになったのでした。

裁判は、誤ったままで判決が下されてはならないため、通訳者が付くことは人権が保護されていいなと思います。

毎日聞き返して、辛抱強く繰り返してくれて、ヘアビショフ どうもありがとうございます。

ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

 

ABOUT ME
frau Bischoff
スイス人と結婚してfrau Bischoffにはなったものの、ドイツ語習得の道は長そうだし、スイスのことも日本のことも何故こんなに知らないの?と思う日々。育犬も落ち着き、発信することで学んでいけたらというのは甘いかな?ヘアビショフと愛犬のマックスとTeam Bischoffです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です