スイスライフ

シュバルツヴルツェル 魔女の杖

サリュー スイスリーベのフラウビショフです。皆さま、どんなゴボウ料理が好きですか。

フラウビショフは、母のお節料理の昆布巻きのなかに入っていたもの、たたきゴボウ、けんちん汁にはいっているゴボウなんかが好きです。

主役ではないけど、さりげなく存在感のある野菜だったのだな、と手に入らない状況になって有難さを感じます。

ところ変われば品かわるで、ゴボウのようでありながら、ゴボウでない根菜がここスイスにあります。その名は、シュバルツヴルツェル、直訳して黒い根です。

Wikiで調べたところ、植物分類上は日本のゴボウとは異なる属ではありますが、西洋黒ゴボウという名前でヨーロッパで食される根菜とありました。

一見、とても似ていますが、ゴボウより太くて短めのものを目にします。ゴボウのような香り高さはないかわりに、なんとも言えない甘さがあります。食感が、ゴボウより柔らかで、そこらへんが白アスパラガスと言われた所以でもあるのでしょう。

シュバルツヴルツェルには土がついています。先ずよーく洗います。

皮をむくとすぐ変色を始めますし、切り口からは液がわき、粘りを出します。手早く下ごしらえをする必要があります。酢水につけるとも聞きますが、栄養をもらさず頂きたい気持ちが勝って、めずらしくテキパキ調理しています。

写真は、一番シンプルかつ一番おいしい食べ方なのではと思っているバター炒めです。バターをフライパンに溶かしてヴルツェルをさっと炒め、塩をふり、火を止めてから多めの刻んだパセリを絡めます。太さにもよりますが、ものの2,3分で出来上がりです。

フラウビショフはたたきゴボウにした時もありますし、ヘアビショフはスープを作りました。Wikiによれば、ホワイトソースやマスタードソースで頂くとあり、次回はグラタンにしてみようと思います。もうおいしいこと間違いなしの予感です。

ブログにお越し頂きまして、ありがとうございます。

ABOUT ME
frau Bischoff
スイス人と結婚してfrau Bischoffにはなったものの、ドイツ語習得の道は長そうだし、スイスのことも日本のことも何故こんなに知らないの?と思う日々。育犬も落ち着き、発信することで学んでいけたらというのは甘いかな?ヘアビショフと愛犬のマックスとTeam Bischoffです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です